出産・育児について

部屋に絵画を飾りましょう

幼い頃から芸術作品を吸収する機会を与えることが、非常に重要です。
どのような絵画に触れて育ったかにより、子どもの美的感覚も異なってきます。
豊かな感覚を身に付けてあげるためにも、様々なジャンルの絵画を飾ってあげることがお勧めです。

リビングなど、長時間居るお部屋に飾ってあげるのも良いですし、
子ども部屋があれば、そこにも飾ってあげて下さい。

絵画を選ぶ際の注意点は
・25僉30儖幣紊梁腓さ
・偏りがなく、様々な種類を準備する
・有名画家の絵
・抽象画は避ける(理解できる時期が来るまで)
・最初は認識しやすい、見たことがある物が題材になった物
・花や動物が題材になった物
・シンプルな物
・素敵な色が使われている絵
これらのことに注意し、絵画を選んであげると良いです。

季節に合わせた絵画にするなど、定期的に換えてあげて下さい。

様々な絵画を日常的に見ることで、美しいイメージを吸収することが可能となり、
美意識を育てる助けとなります。

上記の注意点にも書いていますが、好みが偏らないようにすることが非常に重要です。
親の好みが、そのまま子どもにも影響してしまいます。
しかし、だからと言って、好みでない絵を無理に飾る必要はありません。
芸術は楽しむための物、子どもの為に飾っているとしても、
お母さんが見ていて嫌な気分になってはいけませんので。

私は、有名画家のカレンダーを購入し、その絵の部分を切り取って飾っています。
カレンダーだと、1月に1枚の絵を見ることができ、1ヶ月ごとに絵を換えることができます。
また、季節に合った絵が選ばれている事が多いので、かなりお勧めです。
カレンダーに使われる12枚の絵は、製作会社が選んでいるので、
自分の好みに偏ることを防ぐことができます。
カレンダーの絵を使用する際は、カレンダー部分(ダイアリー部分)は切り、
絵のみを飾るようにして下さい。
そうすることによって、絵に集中することができます。

また、美術館や博物館に行った際、気に入った絵があれば印刷物を購入して帰るようにしています。
子どもが気に行った絵と、私が気に行った絵を、それぞれ購入するようにしています。

自宅で簡単に、そして月齢の小さい頃から取り入れることができる芸術活動として、
ぜひ絵画を飾ってみて下さい。

素敵な絵画で、心豊かな生活を送って下さい。


育児マイスター 磯部一恵
モンテッソーリ教育の国際免許、おもちゃコンサルタント等、子どもの育ちに関する多数の資格を保有。お母さん達に向けて「子どもの心身の健やかな成長をサポートする方法」「子育てをもっと楽しめる心の在り方」といったセミナーを企画・開催している。
1男1女の2児の母として、子どもの心と身体に寄り添った子育てを実践している。

☆セミナー開催情報等は下記URLから
http://childcare-meister.jimdo.com/

ニシキブランド

  • Sweet girl
  • Bon chou chou
  • Pure White
  • Tino Tino

育児サポートグッズ

  • おむつカバー
  • トレーニングパンツ
  • おねしょパンツ

ページの先頭へ戻る